FAQ

おなかの症状でお困りの場合

レミケード治療してもらえますか?
クローン病の患者さんや一部の潰瘍性大腸炎の患者さんは、インフリキシマブ(レミケード)という生物学的製剤を投与することにより、寛解導入や寛解維持が可能になることがあります。
当院では多くのIBD患者さんの治療経験を生かして、レミケード投与も行っております。どうぞご安心して受診してください。
もちろんペンタサ、アサコール、プレドニン、イムランその他内服薬、座薬、注腸薬による治療も行っております。
よくげっぷが出て胸焼けします。
特に40代以降の女性に多い症状ですが、どんな年齢の方でも、また男性でもみられます。
胃食道逆流症(GERD)といいます(その他の病気であることもありますので必ず医師にご相談ください。)。本来逆流しないはずの胃液が食道に逆流することによって、食道がただれたり、場合によってはのどまで上がってきて酸っぱく感じたり、咳が出たりすることもあります。また、胃が痛いとか、朝方気持ち悪いと感じる方も見えます。
原因としては一般に食道裂孔ヘルニアがあることが多いですが、なくても起こりますし、場合によっては胃がんで胃の内容物の流れが悪くなっておこることもあります。必ず胃カメラを受けて確認するようにしてください。
治療はプロトンポンプ・インヒビター(PPI)とよばれるお薬を飲むことが基本です。そのほかに胃の動きを改善するお薬や、食道粘膜をまもるおくすりを併用することもあります。
30才男性ですが、最近1ヶ月くらい毎日5-6回の下痢と腹痛が続いていて、最近では血便もあります。どうしたらいいですか?
細菌性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病その他が考えられますが、1ヶ月以上と期間が長く、また頻度から考えて潰瘍性大腸炎の可能性が高いと思われます。
早急に医師の診察を受けてください。
いつもおなかが痛くなったり張ったり、下痢したりします。なにか悪い病気でしょうか?
若いときからよくおなかが痛くなり、トイレに行って下痢をすると楽になるとか、便は3-4日に1回しかでないのにいつも下痢だとか、緊張するとおなかが痛くなって下痢になるという方。過敏性腸症候群の可能性があります。精神的ストレスや、腸管の機能の問題によって起こる症状です。

ストレスの要因の強い場合は仕事や学校が休みの日は症状が出なかったりします。悪い病気ではありませんが、医師の診察が必要ですし、薬によって症状をとることができます。是非一度ご相談ください。

おしりの症状でお困りの場合

肛門がかゆくて出血しますが・・・
肛門がかゆい、出血するとおっしゃって受診される方がたくさんみえます。
多くの患者さんは薬局で相談されて痔の軟膏を買って使ってみえますが、それでは効かない場合が多いです。
かゆみと出血がある場合、多くは
①肛門白癬という真菌症つまり、足の水虫のようなカビが感染している
②裂孔つまり切れ痔の治りかけでかゆいというより痛がゆい
の二つに分けられます。②であれば痔の軟膏も効きますが、これは一般的には痛みと出血のことが多く、かゆみと出血の場合は①のことが多いのです。
是非一度医師の診察を受けてください。
痔の手術が痛そうで心配です
従来の痔の手術は肛門の外から中に向かって皮膚を切除し、痔の口側まで切除するもので、術後にはかなりの大きさのきずになりました。
このため入院は1-2週間必要ですし、出血やご質問の痛みのリスクはかなりありました。
しかし最近行われておりますジオン注射による硬化療法は、すべての方に適応できるわけではありませんが、注射をするだけ、あるいは少し切るだけで痔を治すことができ、出血や痛みのリスクは非常に低くなりました。

当院ではこのジオン注射を取り入れ、普通のいぼ痔の方は注射だけで、またひどい痔でもジオン注射と従来の手術のよいところを組み合わせたハイブリッド治療により、ほとんどの痔の患者さんを日帰りで治療しております。また、当日の痛みを抑えるために、仙骨硬膜外麻酔も行っております。ぜひご相談ください。

胃カメラ・大腸カメラに関するご質問

大腸がん検診で要精密検査になってしまいましたが、どうすればよいですか?
大腸がん検診は一般的に便潜血反応で行われています。
便に、血液に含まれるヘモグロビンというタンパクが混じっている場合に陽性の結果が出ます。これは大腸のどこかから出血していることを示します(胃や小腸からの出血でも16.7%に陽性反応が出ると報告されています)。
正常の大腸からは出血しませんので、ポリープやがん、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)、または痔などがある可能性が考えられます。

必ず大腸カメラをうけて確認しましょう。一度便潜血が陽性になったのに、もう一度便潜血を調べて陰性だとしても安心はできません。
便潜血が陽性だった方のなかでがんが見つかる可能性は約7%もあるのです。
胃カメラがつらいので受けたくない
胃カメラはなぜ辛いのでしょうか。約1cmの太さのカメラを飲み込まねばならなく、それがのどに入ったまま数分間我慢しなければなりません。また胃に空気を送り込まれ、風船のように膨らまされた状態も我慢しなければなりません。
この二つの要素のため、とても辛いのです。
しかし当院では、全身麻酔薬をもちいて、眠った状態で胃カメラを挿入します。また経口専用の内視鏡としては最も細い7.9mmのものを使用しておりますためまず全くつらさを感じることはなく、検査が終わってから目が覚めます。
胃カメラは胃がんを早期発見するために非常に大切な検査です。当院では皆さんが安心して楽に検査を受けられるよう配慮いたしております。1年に1度は胃カメラ検査を受けるようにしましょう。
ただし全身麻酔薬を用いて検査をした場合、お車の運転はできませんので、その他の交通手段でご来院ください。
大腸カメラがつらいので受けたくない
大腸カメラはなぜ辛いのでしょうか。
理由は二つあります。
一つ目は、下剤のつらさ。大腸カメラは下剤を薬1.5リットルから2リットルのんで腸を空っぽにする必要があります。この下剤、味の好みによりますが人によってははいてしまうこともあります。この問題には当院は2種類の下剤を用意し、過去にだめだった方にはより飲みやすい下剤を用いるなどして対応しております。
また二つ目は、検査中の痛みやおなかの張りです。このことは鎮静剤を用いて検査をすることによって、ほぼ寝た状態で受けることができますので、ほとんどの患者さんはつらさを感じません。
以上の工夫により、当院では辛くない大腸カメラを受けることができますので、安心してご相談ください。

その他のご質問

風邪もみてもらえますか?
もちろん風邪も診察します。胃腸かぜはもちろん、ふつうのかぜ、インフルエンザも診察します。どうぞご来院ください。